あの【CaptainJack】がタプサの家にやってきた

ブログ・その他

ロ!! (フィンランド語でまいどっ!っていう感じの意味です)近くで3ユーロほどでビールが飲める場所を見つけて、テンションが上がりっぱなしのタプサです。

 

実は今、ある大物ブロガーさんが僕の家に来ています。

 

 

突然ですが、皆さんは奇跡を体験したことがありますか?

奇跡イメージの画像w

 

いや、簡単にこのことを奇跡と表現すべきなのか、、、(別に怪しい話ではないので最後まで聞いてください笑。)

 

奇跡とは、、『統計学的に極めて低い確率でしか起こらない(望ましい)ことが実現した場合にも用いられる。』(wikipediaより一部抜粋)とあります。

 

そしてこの奇跡が連続して起こりえた場合、、、連続ですよ、、奇跡の連続。。

 

 

人はこの奇跡を超越した奇跡以上の事象をどのように表現するののでしょう。。

 

 

 

さかのぼること、約2年ほど前。

 

その奇跡がゆっくりと僕に近づいてきました。僕がフィンランドに移住すると決めた直後、、フィンランドで僕を待つ嫁からの一通のメールから始まりました。。

キャプテンジャック(CJさんとの出会い)

私たちと同じ夫婦がいる

実はフィンランドでは、同じ名前の人がたくさんいます。例えば、日本でいうところの「ひろし」とか「みのる」とか「たけし」とか。。僕のワイフの名前はけっこう珍しい名前で、同じ名前を聞いたことがありません。そんなワイフからある日メールがきました。

 

ワイフ「私と同じ名前のフィンランド人の女性が、あなたと同じ苗字の名前の男性と最近結婚したそうよ」

 

僕「ん。。どういうこと?」

 

最初に聞いた時、偶然すぎて少しわけがわかりませんでした。同じ苗字の日本人男性が、同じ珍しい名前のフィンランド人女性と結婚している。正直、日本人の女性でフィンランド人男性との結婚はよく耳にしますが、日本人男性がフィンランド人女性と結婚しているケースはまあまあ珍しいです。そして更に、それに輪をかけて、なんども言いますが同じ苗字の男性で、同じ名前のフィンランド人女性と結婚しているというのです。

奇跡の夫婦、初対面w

 

かなりびっくりした僕は、すぐに事実確認をしました。フェイスブックで名前を検索して行くとある男性にたどり着きました。

 

いました。本当に今のシュチュエーションが完全に一致している男性が。どれどれ、、、どんな人や、、、ん?、、なんやこの人、、?キャプテンジャック?なんか変な、、、、!!

 

なんや、、この人、、!!

プロスマブラーCaptainJack

 

これが最初の印象です笑。

 

ちなみに僕たちの共通点は、名前や結婚、フィンランド人の嫁の名前の一致、移住国だけでは留まりませんでした。知れば知るほど共通点が出てきたことが本当に鳥肌ものでした笑。

 

ぶっ飛んだ兄さん

フェイスブックでキャプテンジャックさん(以降CJさん)を見つけた次の瞬間、勝手に手が動いていました。

 

タプサ『こうこうこう、こういう理由で、近々僕もフィンランドに移住します。是非会いませんか?』

CJさん『偶然すぎワロタw。会いましょう!』

 

なんとっ!快く会う約束を頂けました。

 

 

実は今までこんな感じで自分からSNS上で見ず知らずの方に連絡をして、会う約束をするなんて経験がありませんでした(ましてや男性と。ん?深い意味はないです笑)ので、かなり緊張しましたが、CJさんとお会いした方ならわかるはずです。会って1秒で緊張なんか忘れますw

 

 

当時、真っな軽自動車で京都駅まで迎えに来てくれたCJさん。車からしていきなり印象が強かったです。笑。数日後にはCJさんは先にフィンランドに移住するので、移住準備が忙しい中わざわざ時間を作ってくれました。

担々麺がまた食べたいと初めて思ったお店。約2年前の、初対面の日。

 

京都にある最強の担々麺屋さんに連れて行ってくれて、担々麺とチャーハンを食べました。CJさんは終始、店の大将をいじりまくり、よく食べ、よく話し、よく笑い、そして何よりも一番印象に残ったのが、コンタクトレンズの調子がこの日はよくなかったらしく、目から涙を流しながら人生や、スマブラについての想いや思想を語ってくれました笑(はたから見たら、担々麺屋で涙流しながらスマブラを語ってる光景がヤバすぎるw)

 

さらりと言いましたが、ご存知の方も多いと思いますがCJさんは数年前まで日本のスマッシュブラザーズ界、いや世界のトップに君臨していたすごいお方です。スマブラといえば、僕も近所の友人たちとハマリにはまったゲームの一つです。そのゲームの元世界王者だったのです。

10年近く前に引退されたそうなんですが、昨年2017年の12月にプロゲーマーとしてスマブラ界に舞い戻りました。ここでは語りつくせないほどの壮絶な人生経験と不運の持ち主だったCJさんは、自ら『プロゲーマ×プロブロガー』としての道を切りひらきました。

 

身近に、ゲームとブログで生計を立て、明日はフィンランド、明日はアメリカ、明日はまたフィンランドに行ってから日本に一時帰国。みたいな生活をされている方がいますか?笑。色々と特殊ですよこの方はw。

え?CJ兄貴の家はどこ?笑

 

一度、アフリカに行かれる数日前にもお会いしたんですが、手さげ袋一つという身軽さ、、、(おそらくCJ兄貴ほど海外を行き来する生活をしていたら、おのずとそうなるのでしょう笑。)

 

 

僕がブログを始めた理由

この見出しタイトルだけでもうわかりますよねw。

 

もちろん色んな要因が重なって、この『SUOMI PERKELE』と言うブログを僕が始めたんですが、背中を押してくれたというか、完全にCJ兄貴の影響でブログをスタートしましたw

 

タプサ『いいっすね〜。毎月ブログ書いて、お金が稼げる。ファンの人とかもみんな楽しそうっすね〜。僕も始めよっかな〜チョリ〜っす☆』みたいなことをチャラチャラ、ちゃらく簡単に言ってました笑。

 

CJ兄貴はいつも楽しそうなオモシロぶろぐを書いています。書いている本人もいつもニコニコめっちゃ楽しそう。単純に、『兄貴みたいに楽しくブログで成功できるんやったらやってみよう!』ってなもんでしたw。

 

 

完っ全っ!になめてましたね笑。

クッソムズイやん。なんやねんCSSて。

 

 

僕はプロブロガーでもなんでもないですが、ブログを書くのはすごく大変。ブログで成果を出すのはもっと大変。

 

最近はブログを書くためには色々と頭を使うことが増えてきて、自分自身を知るいい機会になってきていると感じて、少しづつ楽しくはなってきています。

 

 

ん?

これは完全に、、

 

『伸びしろですねえ!』

タプサ邸でブログに投じるCJさん。

 

ん?

いやティッシュメッサ使うやーーん!!

 

 

CJさんと、夜の街を練り歩いてみた

CJさんは、二日間僕の家に遊びに来てくれました。もちろん、伸びしろ話しや、ブログの話し、今の僕にとっては目からウロコの話しばかりなのは言うまでもありません笑。この日、フィンランドヘルシンキでカフェリングアと言う語学カフェのようなイベントにCJ兄貴と参加してきました。

 

 

CJ兄貴の変わったこだわり

 

CJ兄貴『ちょっと、生ハム買っていい?

 

タプサ『え? 生ハム?笑。

 

生ハム食べ歩きする人珍しすぎると思いましたが、とりあえずスーパーまで案内して、生ハムコーナーを目指しました。生ハムコーナーでお気に入りの生ハムをゲットして、めっちゃご機嫌そうでした笑。

なんで生ハムなんやろ、、

 

生ハム購入後、ハンプリライネン(ハンバーガー)も購入して、更にご機嫌そうなCJさん。

 

タプサ『お♪いいですねえ!今買ったハンバーガーに、生ハムを挟むんですねえ!?

 

っと、太鼓持ち芸人バリの勢いで合わせましたが、

 

CJ兄貴『え?、、ぃや、、それはもったいないわ。

 

と、急に残念そうな口調で言いはりました。

 

 

も、もったいない、、?何を言うてるんやこの人は?

 

と思いましたが、逆に何言ってんの?くらいのテンションで言われたんで、『ですよねぇ!!』言うて合わしておきました笑。

ビールおごってもらいました!マイナス10度の世界で飲むビール!クッソ冷たいぜ!!

 

道中、生ハムをちびちび食べつつ、ビールを飲みながらイベント場所に向かいました。(こういう食べ方、そういえばフィンランドきてから見ていなかったので、少しなぜか安心したのは本当です笑。)

 

CJさんは一体、何リンガル?

なんやかんやで、僕とCJ兄貴はイベント会場、ハードロックカフェに着きました。

 

この語学カフェというのは、様々な言語のテーブルが用意されており、自分が話したい言語のテーブルに行って、そのテーブルのお題の言語で、テーブルに集まった色々な国の方々と会話をするイベントです。

 

僕もフィンランド後を練習したい時はフィンランド後のテーブルに行き、頑張ってフィンランド語を話します。

 

この日は、日本語テーブルに行ってみようという話になっていました。

 

 

が!

 

 

 

CJ兄貴の姿が見当たりません。

 

 

あ、おった。

 

なんと、フィンランド後でもなく、英語でもなく、日本語でもない、フランス語のテーブルで普通に楽しそうに会話をしてはりました。

 

数分後。。

 

CJ兄貴『いや〜、少しフランス行ってました〜!!ははははh!!モグモグモグ。。。』

 

おぉぉぉおぉい!!!

 

生ハムまだあったんかぁーい!!!

スマブラはやっぱり人気?

CJ兄貴が戻ってきた時、たまたまフィンランド語のテーブルにいたフィンランド人は、スマブラの世界大会や、兄貴が出場した大会の事などを知っていました。

 

今のスマブラの世界王者や、次の主催場所など。

 

僕も大阪に住んでいる時、大阪のゲームバーでスマブラをプレーしている大学生が二人いました。僕も多少腕に自身があったので大学生二人をカービィーでボコボコにしてから、ゲーム話しに花が咲きました。二人はなんとCJさんをご存知で、改めて『あぁ〜。やっぱりスマブラ界ではかなり尖った存在なんだと思い知らされた事がありました。

 

垣間見える元ホストの片鱗・今宵はCJナイト

なぜでしょうか。

 

僕も多少は場数を踏んできました。盛り上がらない合コンを盛り上がらせる。全員をハッピーにさせる。退屈している人を見たくない。だから僕は汚れ役にでもなんでもなり、場が盛り上がるまで話す。アホをする。飲む。

 

全て考え、行動に移しています。

 

ですがこの人。CJさんは少し違う気がします。

素。

 

素なんですよね笑。

 

何リンガルかわからないくらい言語を操るスマートな一面を見せつつ、

 

素で、いい意味でアホなんですよね笑。

 

人種を超えて、やっぱり笑いが取れているんですよ笑。

こんな言い方少し失礼かもしれませんが、いつも多少盛り上げようと僕は会話を頑張りますが、この人がいればなんか楽なんですよね笑。

 

ツイッターで、知らない方が、ツイートしていました『おそらくホスト時代はお店から重宝されただろうな〜』って笑。

 

するやろな〜笑

 

 

知る人ぞ知るCJさんの睡眠事情

ふと気がつきました。

 

あれ?CJ兄貴についての記事、ネタが豊富すぎてスラスラ文字が出てくるw。

 

 

かねがね噂には聞いていましたが、この人ほんま、

 

 

起きません。

 

別に悪いとはいいませんし、むしろオモシロなんですが、完全に言い張りますからね。

 

『遺伝だから起きれないのは仕方ないんです』

 

と。

 

あ。言い張るやつや。これはほんまに無理なやつや。笑

 

 

 

今日の朝、色々試して見たんですよ実は。笑

 

 

朝から僕はパンツ一丁で、至近距離でCJ兄貴をゆすったり、大声出したり、色々一人でしてみましたが起きません。

 

 

普通、な〜んとなく、パンいちのオッさんに、横で何やかんやされたら起きますよね?なんか気持ち悪くて。けどこの人、昼前やというのに(朝10時)むしろ気持ちよさそうに寝てるんですよ。

 

で、急に何もしていない時にパチリと目があきました。笑

 

どういう構造やねん笑。

 

 

二日間のCJ兄貴との生活まとめ

いや、ほんと皆さんお金払ってでも泊まりに来てもらうべきですよ笑。だって、来てくれただけでブロガーさんは一週間分の記事はかけると思いますw。

 

最初は、名前や奥さんが同じ名前で同じ国の人だ!という共通点だけだと思っていたCJさん。実はまだまだ共通点がこの一年以内で次々と明らかになりました。

 

  • 同じ苗字
  • 同じフィンランド人の女性と結婚
  • 二人ともワイフの名前が同じ
  • ワイフの性格がまあまあ似ている
  • スマブラが好き
  • ほぼ同じ時期にフィンランドに移住
  • 長男
  • 会社を何社も経験
  • ヒッチハイクが好き
  • CJ兄貴がルワンダに行った数日後、僕はフィンランドでルワンダの友達ができる
  • アイフォンケースが完全に同じ

 

まあ多少無理やりねじ込んだ共通点もありますが、ルワンダネタなんて、知り合った後のことで僕はまあまあビビりました笑。ルワンダいきます〜みたいなことで、CJ兄貴がルワンダに旅立った数日後、僕は人生で初めてルワンダ人と知り合いになりました。何気なく会話が弾んで、フェイスブックを交換してから気づいたんで、本当に鳥肌モノでしたよ。

 

ピザを食べている時に、自分の携帯だと思いホームボタンを押したら、CJ兄貴のiPhoneだと判明し、ケースが全く同じモノだったのも笑いました。w

 

こんだけ世の中アイフォンケースが売られているのに、そこも合わせてくるかと。。いや、むしろ僕が合わした側なのか、、、もうわけがわかりません。w

 

 

 

CJ兄貴はプロブロガー×プロゲーマーになりました。

 

 

 

約2年前に出会って、担々麺屋で僕に語った夢を、こんなにも早く有言実行しているなんて、本当にすごいです。

 

 

てっきり僕は当分CJ兄貴はフィンランドで暮らして、もっと定期的に遊んだり飲みに行ったりできると勝手に思い込んでいましたが、どうやらそういうわけにはいかないみたいです。少し寂しいですが、、

 

 

世界がCJキャプテンジャックを必要としているようですね。

 

 

まあお互いのワイフがフィン人なので、またすぐ会えるとは思いますがっ!

 

 

 

楽しそうに夢を実現しているCJ兄貴の背中を見て、自分も頑張らなくてはと刺激をもらえた二日間でした。

 

ロ!!