知ってました?フィンランドのクリスマス・イヴの前夜祭

北欧ライフ

モイ( ̄▽ ̄)

 

12月に入ってから、フィンランドの首都ヘルシンキではクリスマスが近くなるにしたがって、街も、人も、空気もクリスマスモードになります。

 

なんとなーーくですが、日本のクリスマスモードと少し違うのは、徐々〜に、ゆっくりとクリスマス本番の山場を迎えようとしている感じです。

 

 

日本で言う『正月』に当たるクリスマス

 

今回はクリスマス・イヴ!の、前夜祭!についてです。

え?イヴの前夜祭?

 

イヴが前夜祭ではないのん?

 

って思いますよね〜。w

 

 

クリスマス・イブ・前夜祭?!

12月23日、いつもより早く嫁が身支度をしているので、何事かと思い目を覚ましました。

 

僕『どないしたん?』

 

ワイフ『いくで、マイ家族の家に。』

 

僕『。。キィてないわぁ。。』(って心の中でつぶやきました。)

 

もうちょい寝れたのに、、とか思いながら僕も準備を開始していて、ふと気がつきました。

 

んん?今日23日やろ?準備とか家族で過ごすのは24日、25日ではないの?」

 

と。

 

アメリカや日本では24日がクリスマスイヴで、前夜祭のイメージですが、なんと本場フィンランドでは前夜祭の前夜祭があり、23日からはもうクリスマスモードになるようです。そして、たまたま今回の前夜祭の前夜祭が土曜日だったので、家族と過ごすことになりました。

 

 

本物のクリスマスツリーが家の中に

『フヴァーヨウルア!』

 

これはフィンランド語で『メリークリスマス』という意味。

 

家族の家に着いてすぐに挨拶を交わします。

 

 

ワイフのマミーは、なにやらコトコトと鍋で何かを作っている様子で、テーブルの上には食器やキャンドルがすでにスタンバイされていました。

前夜祭の前夜祭なので、これでもまだ質素なテーブルコーディネートでした。

僕たちが到着して間も無く、弟と妹も次々と家に到着して、家族全員が揃いました。

 

 

食卓にはパンが並び、、、

 

どんだけチーズ食べんねんw

 

次にチーズが並び、着々と準備が整います。

 

お父さんはソファーに腰掛けて、サッカー観戦。

 

 

ん?

 

 

おお!!

 

 

あ、あれはまさかっ!!

 

本物はやっぱりかっこええ!

 

そう、一般家庭の室内に、本物のクリスマスツリーが出現していました。

 

僕『うわ〜、すごいなあ〜』

 

と言いながら珍しそうにツリーを眺める僕をみて、家族全員誇らしげでしたw

 

 

その辺で売られている本物のツリー

実は室内に本物のツリーがあるのもうなずけます。

 

なぜならその辺で、本物のツリーが簡単に買えてしまうんです。

 

ラッピングまでしてくれます。

ほら。

 

ゆるキャラが指差す先に、たんまり本物のツリーが売られています。

 

金額的には30ユーロから、100ユーロくらいらしいです。

 

お父さんが事前にツリーを購入して室内に置いていてくれたみたいです。

 

 

うまい!!出ましたプーロ。

プーロとはなんなのか、、

 

いわばお米です。

 

前回プーロについて詳しく書いたので気になる方はご覧ください。

フィンランドの朝食、プーロって?

 

今回食べたのはなんとこのプーロの進化系、スーパープーロでした。

 

どうやら作るのに一手間かかっているようで、ワイフのマミーが作っていたのはこれだったみたいです。

 

食卓に運ばれてきたので、、、

砂糖と、シナモンをまぶしていただきました。

!!!!!!!!

 

うわ。。

 

めっちゃうまいやつや。。

 

コンビニのスイーツとか好きな人は絶対に好きな味です。w

 

毎回食レポが雑ですが、これから表現力養います。笑。

 

 

『さあ!早く飾り付けや!』

『さあ!飾り付をしてくれ!』

 

という親父さんの掛け声で一気に飾り付けが始まりました。

 

テンション上がって僕も手伝いましたが、玉の位置がどうだのこうだの、ワイフがうるさいんで、撮影に回りました。笑。

 

 

で、ワイフの飾り付に対して親父さんが文句を言う。。笑。

 

多分、

 

『黒の玉をもっと離せ!』

 

ってゆーてはった思います。w

 

以外と繊細な指摘するやんオヤジっち。

 

で、そうこうしてるうちに、、、、、

 

 

最後の大仕事

 

いや、オヤジさん。。

 

 

メッチャいいとこ、最後、するんや!www

 

 

まあ、毎年の恒例みたいで、椅子の上に登って、60際くらいのお父さんが星を飾る様は、まるで少年のように無邪気でした。w

 

(ほんま、オヤジさんにこのブログ見られたら怒られるわw)

 

 

パパマスタード(商品化希望)

この分に詰められら物体、実はマスタードです。

 

毎年オヤジさんが手作りで何個か作って、ご近所に配るそうです。

 

 

(オヤジさんは、頑固そうやし、声もでかいし、酒もよく飲むし、タバコも吸うし、かなり豪快な方ですが、実はとても職人気質で、料理もできるし、別荘の家も自分で建てたそうです。。)

 

オヤジさんが作った中身を瓶に詰めて、そのあとみんなで小綺麗に商品っぽく仕上げます。

 

『いや、これ800円で売れるで』

 

ぐらいのレベルです。

実は僕は2年前に味見したことがあり、それ以来、オヤジさんの作るマスタードは大好物です。

 

僕『商品名、パパマスタードはどない?』

 

と嫁に聞きましたが、反応はイマイチでした。

 

(ええ思うんですけどね笑。)

 

いつかレシピを聞いて、自分で作れるようになるつもりです。

 

 

 

明日を楽しみにしてお開き

 

最後はみんなのプレゼントをツリーの下に置いて、本日を締めくくりました。

 

さすが、日本でいうところの正月なだけあって、クリスマス行事に対する思い入れは、みなさん相当の物があるように感じました。

 

明日、明後日と、また家に行ってクリスマス行事の続きを執りおこなうので、またレポートさせていただきます!

 

ではではまた明日。