フィンランドの夜を楽しく過ごすためのショット・バー

オススメ!フィンランド

ロ!!(フィンランド語で、やあ!みたいな意味。)ちなみに、「モロ」と言ってしまうと大変な意味になるので要注意です。『モロ!!』です。僕たち日本人が苦手な、下を巻いて言う、『ル』のヤツです。何言ってるの?と思われるかもしれませんが、文字で説明するのが本当に難しいです。という感じで、無駄な知識ばかり蓄えつつあるタプサです。こんにちは。笑

 

皆さん!!もし旅行でフィンランドに来てくれたとします。タプサに会いに来てくれたとします。フィンランドにせっかく来たんですから、皆さんは特別な体験をしたいですよね?旅行で気になるのは、現地の食事や、気候、お土産、挙げだすとキリがない気がしますが、僕はそんな気になる海外のものの中で、一番気になるのはやはり『お酒』です。

 

本日はフィンランドの夜をよりクレイジーに、過ごすためのパワースポットをおすすめ致します。

 

 

酔ったフィンランド人

When in Rome, do as the Romans do 』、、、

 

調べてみたらかっこよかったので、いきなり英語で言ってみましたw。意味は、『郷に入れば郷に従え』です。フィンランド人はお酒が大好きです。ビール一杯くらいで、おそらく酔うと言うよりは、『俺はお酒の力で僕は陽気になっているんだ!』という自己暗示から入ってテンションが上がりだして、結果ベロベロになり、よく話し、少し喧嘩っぱやになり、、、という感じです笑。

 

『あかんやん』と思いますが、そういう人が比較的多いかな?と言うくらいで、別に怖がる必要はありません。彼らは、お酒が大好きだからといって、日本人より飲むのかと聞かれると、以外とそうではありません。一度に飲む量が多いのは確かで、酒ばかり飲んで、何も食べないということが良くあります。(その時はさすがにきつい笑。)

 

彼らは酔っ払ってとても陽気になります。そんな時はそんな彼らに気を使っていては自分の時間が無駄です。

 

When in Rome, do as the Romans do 』郷に入れば郷に従え。そう、そんな時は彼らと同じことをすればいいんです。自分も早めに酔っ払って、ある程度バカになった方が楽しめますし、周りとも仲良くなれます。

 

そんな時にいいのが、やはりショットで強いお酒を飲むことですよ!

 

と言ってもあまりバカをしすぎるのはもちろんダメですよw。

なぜなら、日本とは違って、どこのお店にもムッキムキの、クッソムッキムキの、ボブサップ並みの、あるいは、天空の城ラピュタに出てくる喧嘩の時にT-シャツ筋力だけで引き裂く親方のような現役バリバリ、セキュリティーがいます。彼らは基本的に暇なので、酔いすぎた奴らがいれば率先してつまみ出しに来ますw。

名シーン「誰がそのシャツを縫うんだい?」いや、もう無理やろ笑

 

僕も、片手で店の外に投げられるフィンランド人を見たことがあります。冷静に、片手で店の外に一人の人間を「投げる」って、、、ドラゴンボールとかで見たことあるかなーくらいのシーンですw。

話が大変大きくそれましたが、要するにムキムキの親方に気をつけろ、、ではなく、、、笑

自分も早く軽めに酔いたい時にオススメのお店のご紹介です!!

 

ショットバー【ショットバーヘルシンキ】

名前、そのまんまやないかい。笑。

 

まあ解りやすいし、とても覚えやすくてよろしい!!笑。場所はヘルシンキの結構栄えたエリアにあります。ちょうど向かい側には、モモトコと言うラーメン屋もあります。オススメのラーメン屋ではないので、僕は記事にしません笑。2500円くらいで日本よりまずいラーメン食べたくないでしょう?笑。

アクセスもなかなかいいですし、ささっとここで飲むのもよし、居座り続けてフィンランド人たちと打ち解けるのもよし!お店自体はあまり広くないですが、ローカルの雰囲気が存分に味わえるのでオススメです。

 

(今気づいたけど、毎回自宅までの時間が地図に書いてる、、どうやって消すんや?笑。)

 

さていよいよフィンランドのショットバーとは、どんなショットバーなのか、、、ご紹介したいと思います。

 

ショットの種類、なんと120種以上!!

 

ひやあぁ!!

 

 

な、なんやてぇ!!めちゃめちゃ種類豊富やないかい!!わい、悩んでそんなん決められへんわい!!

 

と言うそこのあなた。いいじゃないですか。お店のスタッフと会話するチャンスの到来です。

最初に言っておきます。タプサは別に女子目当てで行っていません。

 

ほんまに。

 

笑。

 

美女だけではありません。先日超イケメンがおりました。そしてなんと!少しだけ日本語を理解してくれたんです、そのにーちゃん!スタッフはみんな若い子ばかりです。男の子も女の子も気さくで、もし120種類もあるお酒で悩むようでしたら、ぜひオススメを聞いてみるのもありですね!!

今気づいたけど、あのルーレットなんや?、、恐ろしい。。

ご覧の通り壁にはぎっしりとお酒が書かれています。特にスタッフが聞きに来ることもないので、ゆっくりと悩むのもありだと思います。

 

超オススメメニュー

友人と行った時に何にしようか僕たちも悩みました。まあこれだけ、、120種類以上あれば、制覇しようと思えば死ねる量なんで、あまり沢山飲めないし、悩みますよねw。

 

で、結局、友人たちに委ねました。

 

「フィンランドスタイルのものと、あと自分たちが飲んでみたいもの、言うたら〜?任せるわぁ〜」

 

で、出てきたのが、、、

ザン!!!!

ほぉ。。。ええやん。。

 

(な、、なんかショットグラス気持ちでかい上に、まあまあ上まで入れられてない?w)

 

とビビりまくりましたが、ストンストン飲めました。実は100パーセント原液ではなく、少しだけ飲みやすいように激甘シロップのようなもので割ってくれているからです。(というても、3ショットもすれば十分です僕は笑。)

 

で、気になるお値段!!

 

この6こセットで、30ユーロでした!!おっ!安い♬

ヘルシンキの中心地だと、ビールでも8〜10ユーロは当たり前なので、ショットバーヘルシンキのお酒は価格的にも超安心価格ですっ!!

リバースするまで5分前のフィンランド人の友人w

もちろんビールも飲めます

ショットバーですが、もちろんビールや他のお酒も注文可能です。実は僕なんかは酔ってからしかショットが飲みにくい方なんで(記事の意味が覆ってくるw)ビール3杯くらい飲んでからショット注文しますw

 

この日もそうですが、店内ではアイスホッケーの中継が流れており、今風のBGMが流れているような雰囲気でした。アイスホッケーの中継があるからといって、別に雰囲気的にはスポーツバーすぎることもなく、店内にはいろんなものが飾られているし、雰囲気的にはよかったです。

 

基本的にテーブルは四人掛けのテーブル席が二箇所と、半ボックス席のようなものが一箇所で、そこまで人数が入るわけでもありません。

 

僕の友人は時々そこでDJをすることもあると言っていたので、小規模なイベントをしたり、プライベートパーティーをすることも可能だそうです!

 

いやあ〜もしこのバーに行きはる方おられましたらぜひご連絡ください!一緒に行きましょう!タプサ家近いんで!!w

 

ではモイモイ!!